1. Home
  2. 事業内容
  3. OPE事業

OPE(Open Platform for Education)事業 について

当社は、2019年6月に日本電気株式会社(NEC)と「デジタル教科書・教材、学習アプリなど学校におけるデジタル学習コンテンツの流通・普及」に向けて業務提携をいたしました。
NECは、教材出版社やエドテックベンダ等の学習コンテンツ事業者と自治体、学校、塾、家庭をつなぐ教育クラウド「Open Platform for Education(OPE)」を開発、当社と連携し、その普及・拡大を図っています。
その後、GIGAスクール構想の実現により小・中学校(義務教育)における1人1台のPC端末や通信ネットワーク環境の整備が進みましたが、残念ながらPC端末で使用する「デジタル教科書・教材」の利活用が十分に進んでいるとはいえません。
現在当社ではOPEの利活用促進に加え、学校教育現場でのICT活用力の向上に向けた取り組みとして、各現場の状況に応じたICT研修の実施や支援を行っております。
今後も、新学習指導要領に対応した各社デジタル教科書・デジタル教材等、学校の授業や家庭学習でフル活用できるデジタル教材をOPEを通じて提供し、子供達と教育現場の未来を拓きます。

NECが提供する学習eポータル「OPE」とは

教育DXに向けて幅広くワンストップでバックアップ

OPEはインターネット接続により、MEXCBTやデジタル教科書など複数の学習コンテンツやツールを、OPEポータル画面からID統合したり、SSO連携によりワンストップで便利に利用できます。また、学校ICT総合サポートサービスを通じ、保護者からの問い合わせ対応や、学校での運用サポートも受けられる大変便利な教育プラットフォームです。
OPEを利活用することで、教育委員会・学校・先生方の業務負荷を軽減いただけます。

詳細はこちら

日教販オリジナルOPEプロモーション動画

土肥教頭の憂い編

OPEでどう変わる?
動画はこちら

忠信先生のわずらい編

ロジカ式for Schoolとは
動画はこちら

白菊先生の嘆き編

TerraTalkとは
動画はこちら

義盛先生の気掛り編

すららドリルとは
動画はこちら

OPE推奨学習コンテンツ

SSO&ID連携すららドリル
児童・生徒一人ひとりの理解度・定着度に合わせてシステムが自動で出題形式等を判断。
20万問以上の問題の中から個別化された演習問題に取り組めるクラウド型eラーニング教材。
詳細はこちら
SSO&ID連携TerraTalk
AIを活用した英語学習アプリで、英語4技能の向上が可能。
LMS(学習管理システム)で学習者の英会話力を数値化し、管理が可能。
詳細はこちら
SSO&ID連携ロジカ式 for SCHOOL
授業運営をフルサポートする教材パッケージを用意し、先生方の負担を極力低減。
子どもたちの自立学習を促すアクティブラーニング型のプログラミング教材を提供。
詳細はこちら
SSO&ID連携navima
個別最適化を実現するデジタルドリル、協働学習を促す探究コンテンツ、それを支える授業管理ツール。
この3つが連動することで、子どもが自ら主体的にまなびに向かう姿勢へ変わっていきます。
詳細はこちら
SSO&ID連携Brain+
Brain+は、中学生・高校生の日々の学習を支える辞書教材サービスです。学習辞典は、単語の意味を調べるだけでなく、先生が傍らで教えてくれるような工夫にあふれています。定評のある学習辞典を厳選し、使いやすいサービスに仕立てました。学校の勉強から大学受験まで、毎日の学習のお供に、Brain+をぜひご活用ください。
詳細はこちら
SSO&ID連携GIGA 基礎英語 NHK出版
歴史と信頼のNHK基礎英語をこれひとつで!
1回15分のプログラムで、無理なく学習を習慣化。
詳細はこちら
SSO&ID連携ClassPad.net
『ClassPad.net』は、ICTを活用して「簡単で効率よく効果的な授業ができる」を目指した、クラウド型学習サービスです。
学習に必要なデジタルノート機能、授業支援機能に加え、オンライン辞書機能、数学ツールが搭載されており、デジタルノート上で辞書機能や数学ツール機能を使うことができるオールインワンアプリです。
詳細はこちら
個別最適なAIタイピングらっこたん
AIによる個別最適な学びを通じ、タイピングをはじめとした情報活用能力全般が身につくWebアプリケーションです。
朝の時間やスキマ時間・自宅学習において子どもたち一人ひとりに合った学習を行えます。
詳細はこちら
EnglishCentral
毎週追加される2万本以上の英語が実際に使われている場面の動画とAI音声認識でレベル興味関心に応じて英語4技能5領域を効率よく習得。
詳細はこちら

OPEアドバイザー

ICT教育で著名なお2人の先生にOPE事業のアドバイザーをお願いしています。

平井聡一郎先生
平井 聡一郎 先生

株式会社情報通信総合研究所/ICT創造研究部 特別研究員

茨城県の公立小、中学校で22年間、市町及び県教委で指導主事として11年間勤務する。古河市教育委員会参事兼指導課長を最後に公務員を退職し、現職。
併せて、文科省、総務省の教育ICTに関わる委員を歴任。現在、全国各地でICT機器活用による教育改革に取り組み、特に小学校でのプログラミングの普及に多くの実践を重ねている 。

唐澤 博先生
唐澤 博 先生

東京女子学園中学校・高等学校 先端学習部 副部長/日本アクティブ・ラーニング学会 理事/
一般社団法人 国際エデュテイメント協会 理事/NPO 英語運用能力評価協会 アドバイザリー

中高現場で、ICT活用・アクティブラーニング推進に努め、「デジタル教材勉強会・東京」主催、「英語教育・達人セミナー」等で先生向けワークショップを各地で開催。2020年より、現職。著書「英語デジタル教材作成・活用ガイド」(大修館書店)

お問い合わせ

OPEに関しての資料請求は下記必要項目にご記入いただき、「内容を確認する」ボタンを押してください。
営業は行いませんので、後日詳しい説明や導入への相談をいただければ日教販より個別にメール等でご連絡いたします。

お問い合わせ項目必須
勤務先必須
フリガナ必須

※全角カタカナでご記入ください
お名前必須
フリガナ必須

※全角カタカナでご記入ください
メールアドレス必須
メールアドレス(確認用)必須
郵便番号

※半角数字(ハイフンも半角)でご記入ください
都道府県
ご住所
電話番号

※半角数字(ハイフンも半角)でご記入ください
FAX番号

※半角数字(ハイフンも半角)でご記入ください
お問い合わせ内容必須

TOPに戻る