1. Home
  2. 会社概要
  3. 沿革

沿 革

日教販のあゆみ

1949年
日本教科図書販売株式会社を設立(資本金1,000万円)
東京都文京区に後楽園作業所を開設
1950年
増資(新資本金3,000万円)
第1回秋季通信市会開催
1951年
増資(新資本金7,000万円)
1952年
大阪出張所開設
1953年
第1回学生図書週間開催
1954年
増資(新資本金1億5,000万円)
1956年
「株式会社 日教販」と商号変更
1957年
名古屋出張所開設
1959年
本社を文京区小石川1丁目に新築移転
1963年
大阪出張所を大阪市此花区に新築移転
1964年
北海道出張所仮事務所を札幌市菊水南町に開設
1966年
大阪・名古屋・北海道の各出張所の名称を支社と変更
1967年
九州支社を福岡県粕屋町に開設
1969年
広島支社を広島市大州に開設
1972年
広島支社を広島市堀越に移転
1973年
名古屋支社を名古屋市名東区に新築移転
1976年
北海道支社新築
1978年
足立営業所を東京都足立区に開設
1984年
福島営業所を福島市に開設
1987年
戸田センターを埼玉県戸田市に開設し本社物流業務を移転、跡地に日教販ビル建設着工
1988年
日教販ビル竣工
広島支社を広島市安佐南区に新築移転
1991年
大阪支社を新築
2000年
福島営業所を閉鎖、仙台営業所を開設(駐在員事務所)
2000年
名古屋支社を名古屋市中川区に移転
2002年
九州支社を福岡市多の津に移転
2003年
北海道支社を白石区米里に移転
2008年
北海道支社を札幌市中央区に移転
2009年
名古屋支社を愛知県愛西市に移転
仕入課(千代田区飯田橋)を戸田センター内に統合
2010年
増資(新資本金2億6,500万円)
大阪支社を大阪市港区に移転
2011年
足立営業所を戸田センター内に統合
2013年
支社組織を三支社(東日本支社・首都圏支社・西日本支社)に統合し、傘下に各営業所を配置
西日本支社名古屋営業所を名古屋市北区に移転
2014年
西日本支社大阪営業所を大阪市都島区に移転
西日本支社名古屋営業所を東海支社名古屋営業所に改組
2015年
西日本支社広島営業所を広島支社広島営業所に、西日本支社九州営業所を広島支社九州営業所に改組
2016年
西日本支社を大阪支社へ改称
支社直下の営業所を支社に改組
2017年
減資(新資本金1億円)

日教販の生い立ち

創立当時の日教販

創立当時の日教販

第二次世界大戦以前は、我が国では全国で約400社の取次業者が出版物の流通にたずさわっておりましたが、第二次世界大戦勃発により、1941年(昭和16年)、政府はこれらの取次会社を統合一元化し、唯一の出版物配給機関として「日本出版配給株式会社(日配)」を発足させました。しかしながら戦後、連合軍総司令部(GHQ)の占領政策の一環である「過度経済力集中排除法」の適用を受けて、1949年(昭和24年)3月、日配は閉鎖されました。
このため出版界において、円滑な出版物の供給、流通をめざして新配給機関構想についての検討が重ねられた結果、同9月、国民教育の根幹をなす教科書、専門学術書、辞典及び学習書等の取次販売、並びに関連する事業を営むことを目的とした「日本教科図書販売株式会社(現、日教販)」が発足し、旧日配の神保町支店錦町社屋を本社として、業務を開始しました。尚、同じ時期に日本出版販売株式会社、東京出版販売株式会社(現、トーハン)などの取次会社も設立され、戦後新しい時代の出版物の供給、流通体制がスタート致しました。

TOPに戻る